木立の中に佇むのは少女の幽霊!?心霊スポットでドッキリ…

こちらの写真は、2013年にイギリスで撮影されたものだ。

森の木立を捉えたものなのだが、拡大してみると白い服でうつむいた人間のような姿が写っていることが解る。黒く長い乱れた髪、顔が覗いているが肌は生きている人間の物とも違う、土気色だ。




この写真はイギリスのヨークシャー州イーストライディングに存在するヘッセル・フォレショアの森で写されたものである。

撮影者は15歳の娘を持つ母親で、仲の良い親子ら数組で散策した際に偶然に撮影した。この森は地元では心霊スポットになっており、幽霊が出るという噂があったため、肝試しも兼ねてみんなで森の中へ入ってみたという。肝試しのグループの中には霊感のある人がいたそうで、「この木の下に父親の帰りを待っている、孤児になってしまった女の子の霊が見える」と証言していた。

彼女はまさにその幽霊と思われる少女らしき姿を撮影してしまったのである。確かに、写真に写っている人物は小柄に見えるので、ワンピースを着た少女と言えるかも知れない。




この説明を聞いた後、撮影者の女性はなぜか涙が止まらなくなってしまい、体調を崩して友人の家に泊めてもらったという。そして夢の中で、「友達になって欲しい」と語りかける女の子の姿を見たというのだ。今のところ、撮影者の体調が悪化するなどの悪影響は見られないという。

彼女が感受性が高く、心霊スポットに行って由来を聞いたことで幽霊の夢をみてしまっただけだという結論も出せるかも知れない。しかし、同じ場所で幽霊らしき奇妙なものの姿が撮影されてしまったのもまた事実なのである。

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る