エリア51上空、またも複数のUFOが出現!増えるUFO目撃数の裏には何が?





以前、本アトラスでは「アメリカ軍の戦闘機がエリア51上空でUFOとドッグファイトをしていた!?」という報告を行った。

UFO関連の陰謀論では必ずと言っていいほど登場するエリア51近辺でキャンプを行っていた民間のUFO研究チームが、エリア51の敷地上空にて複数の戦闘機が飛行訓練を行っていた様子に遭遇。この時は何らかの演習なのだろうと思い、何気なく写真に収めていたのだが、後で写真を確認してみたところ戦闘機とは全く違う黒い三角形の飛行物体が一緒に飛行していたことが判明したのである。

この飛行物体についてはアメリカ軍が開発した最新の戦闘機や無人機だった可能性もあったが、既存の飛行機などとは全く違う形状に加え、肉眼で確認できなかった点などから「本当に新型機を含めた演習だったのだろうか?」と疑問も出てきていた。




関連動画
UFO’S FILMED OVER NEVADA DESERT AREA 51 APRIL 2018 (Disclose Screen)

そんなエリア51上空で、再び複数のUFOらしき謎の物体が目撃されて話題になっている。問題の動画は今月初めにネバダ州の砂漠地帯上空を飛行中だった飛行機の中で撮影されたもの。動画には小さいが、白く光る飛行機とはまた違う謎の物体が複数飛行している様子が捉えられている。

最近ではエリア51付近で様々なUFOの目撃例が増えているという。

一説には米軍の新型機を開発中であり、そのテスト飛行が行われているのだともされているが、真相は果たして?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©Disclose Screen The Grimreefar Filthy South YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る