農夫が出会った、クッキーくれた宇宙人はいい人?それともこれって毒入り?

 先日、アトラスでは「手袋を忘れていった宇宙人」について紹介した。こちらは落し物であったが、宇宙人の持ち物がそのまま残されていたという事で珍しいケースであった。

 この事件と同様に、宇宙人が物証を残したケースが存在していた。



 1961年4月、アメリカはウィスコンシン州にて、ジョー・シモントンという60歳の農夫が自宅にいると、突然ガタガタと騒音がした。彼が庭に出てみると、そこには高さ3.6メートル、幅9メートルほどもある銀色の円盤が地面すれすれに浮遊していたのだという。やがて円盤のハッチが空くと、身長1.5メートルほどで黒髪に浅黒い肌、タートルネックに帽子という出で立ちの乗員が3人中にいるのが見えた。

 その内の一人がシモントン氏に水差しのようなものを差し出し、水がほしいという内容をジェスチャーで伝えてきたため、彼は水を汲んで渡してやった。円盤の中では乗員が料理をしており、水を持ってきたシモントン氏に調理していたと思しきクッキーを4枚手渡すと、円盤のハッチを閉じて南の空へ飛び去っていったという。

 この事件には何よりもクッキーという物証が残っている点が特徴であり、実際に研究所によって成分分析がなされている。それによると原材料はトウモロコシと麦、塩分をほとんど含まないためボール紙のような味のものであった。

 この事件については様々な方面より検証がなされており、UFO研究で有名なアレン・ハイネック博士は異国の人間に道を尋ねられた際に見た明晰夢によるものであると解釈しており、またフランスのUFO研究家ジャック・ヴァレ氏はクッキーに塩分が含まれていないことに着目、欧州で古来より語られている妖精との遭遇譚(妖精は塩を好まないため、妖精が人間に与える食物には味がない)に似ている体験であると著作の『Passport to Magonia』にて言及している。




 そうなると、昔の人々が妖精だと思って接し、語り継いできた存在は実は宇宙人だったのだろうか?日本でも、妖怪「肉人」伝説は実は宇宙人との遭遇を示したものだったのではないか、とする説が存在している。

 なお、シモントン氏は後年まで自分が遭遇したのは間違いなく宇宙人であったと信じており、意見を翻すようなことはしていない。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
UFO Sightings Alien Shot Dead By Colombian Farmer! February 28, 2012 Very Graphic!

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る