100人以上を食い殺した凶暴な魔獣「ジェヴォーダンの獣」

 18世紀のフランスのジェヴォーダン地方で猛威を振ったUMAと言えば「ジェヴォーダンの獣(けもの)」である。

100人以上がその刃にかかったと言われており、今でも犬型のUMAの噂がヨーロッパで流れると「ジェヴォーダンの獣」が復活したのではないかと畏怖されるほどだ。余程フランス人は怖かったと見える。




 この「ジェヴォーダンの獣」とは牛のような巨体を持つ巨大オオカミ(あるいはイヌ科の生物)とされており、体毛は赤く巨大な歯が口からはみ出ている。尻尾は異様に長く曲がりくねっていたという。この赤い体毛、曲がった尻尾が正 体暴きのヒントになるかもしれない。

「ジェヴォーダンの獣」は、1764年~1767年の3年間で200回にもわたり人間を襲っており死者は100人以上、負傷者80人以上というおびたただしい数の犠牲者を出しているが、正体は不明のままだ。

 正体に関しては様々な説が唱えられている。人間が巨大なオオカミを飼い慣らし、人々を襲っていたという「人間黒幕説」や、アフリカ地方から船で運ばれたライオンが人間を襲っていたという「ライオン説」がある。
 当時は富裕層の趣味の一環として、珍しい動物がフランス国内で多数飼われていた。そのような珍しいペットが逃げ出した可能性はないだろうか。当時の一般的なフランス人がライオンを知っていたとも思えず、ただ単に「ビースト」と表現 したのではないだろうか。




 また、大型のイヌ科の生物という説もある。筆者はこの説を最有力候補に推している。なぜならば、逃げ出し山や林で野生化したペットは巨大化するという生物学の常識があるからだ。かつて日本でも三宅島で逃げ出し野生化した猫が大型化し人々に襲い掛かり、「三宅島のヤマネコ事件」としてマスコミで報道されたことがある。

 この「ジェヴォーダンの獣」の正体がなんなのかは別にして、フランスの一部地方で肉食動物による大量捕食事件が発生し、多数の被害者が出たのは歴史的事実であり、後年のイギリスにおける「切り裂きジャック事件」や日本の「三毛別羆事件」のような国全体を揺るがすような社会的事件であった事はいうまでもない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る