フィリピンを代表する魔物ホワイトレディ、透明な女が襲い掛かる

 『ホワイトレディ』は、フィリピンの都市伝説的な魔物である。

 ほとんどのフィリピン人が知っている国を代表する魔物である。その目撃談は、フィリピン全土に広がっており、各地に出没スポットがあり、日本で言うと都市伝説や学校の怪談で噂された『口裂け女』に似ている。




 その姿は、美人の女性のような姿をしていることから”レディ”という名称がついているが、『ホワイトレディ』と言っても白色ではなく、半透明(或いはやや白色が入った半透明)であり、場合によって完全な透明になったり、輪郭のみ確認できる映画の『プレデター』のような姿になれると 言われている。現地では、普通の幽霊とは明らかに違う存在とされている。

 一説には、『ホワイトレディ』を呼び出すはやし言葉、流行り歌(呪文、おまじない)もあり、橋の上で唱えると『ホワイトレディ』が出現するという。冗談でその呼び出す歌を歌ったカップルや子供たちが『ホワイトレディ』に襲われたことがあるという。




 筆者の聞き取り調査によると、『ホワイトレディ』は交通事故により、全身の血が抜けて白くなった犠牲者が怪物化したものであり、自動車や車の愛好家を見たら事故に誘い込むという説もあるという。

 一方でその姿を見たら幸せになるという説もある。中には『アスワング』と混同するような吸血鬼属性を指摘する情報もあるが、まったく別個の魔 物であろう。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る