大槻教授がテレビ朝日の『ビートたけしの超常現象Xファイル』をやらせ として批判!!現場ですべてを見ていた山口敏太郎が真相を暴露する

昨年末に放送されたテレビ朝日の人気番組『ビートたけしの超常現象Xファイル』に関して、大槻教授がやらせを暴露したとして騒ぎになっている。
他人のことであるので、筆者こと山口敏太郎は静観していたが、誤解が広がるのもいかがなもにかと思い、自分が現場で見ていた事実をここに表記したい。
おおむね大槻教授の述べていることは事実であるが、一部大きな勘違いがあるのでここに明記しておこう。

まずは以下の大槻教授の主張を読んでみよう。




「私は12月7日 の『たけしの超常現象特番』収録の1日前、つまり6日に収録台本を受け取りました。この中で『超能力者が人の脳をハッキングして、その人の脳が考えていること、思い描いていることをずばり当てる』というコーナーが目をひきました。
ここで驚いたのはこのハッキングする人間はあらかじめ決められており、台本に4名の名前がはっきり書かれていたのでした。若い芸能人3名とたけしでした。この中に私が割って入って、超能力などないことを証明してやろうと密に計画しました。収録前の事前打ち合わせでもこの計画は一言も漏らしませんでした。
さて収録が進み、まず二人の芸能人の脳に思い描いていることを見事に当てられました。『初恋の人の名前は?』これが 見事に当てられました。会場にドヨメキ!しかしこの芸人は初めから決められていたのですから、いくらでも事前調査できたのです。しかし、ここがこの番組の悪質なところで、スタッフがいろいろ迷って見せ、偶然にこの芸人を名指ししたように見せかけました。偶然にその場で選んだのではない!!あらかじめ決められて本人も知っていたのだ!!
さて二人目が終わってスタジオ騒然とする中、私が立ち上がりました。私の脳をハッキングして見なさい!その超能力者は一瞬たじろいだが『やってやる!』という態度でした。そこでポケットの手帳を取り出しギリシャ文字ψを大きく書きました。私のアタマにいつもあるのは現代科学の基本量ψだ。
ところが急にこの超能力者の態度が一変、『大槻の生まれた月は?』ときた。『6月だよ、6月、それがどうかしたか?』と私。超能力者は笑顔で答えた。『6月生まれはやりにくい、どうも困る』と。会場がざわついた。会場の見物人もこの超能力者が大槻を敬遠していることに気がついたのだ。
このとき番組スタッフが叫んだ。『大槻教授はダメなんです。いろいろ事前の段取りがあるのですから!!』と。何だと?!事前の段取りだと?!それではこのとき氏名される4名は『事前段取りがあった』ことを白状しているのだ。
そこで私は『私にも事前段取りがあったのだ。手帳に書いた文字はこのとうりギリシャ文字だ。これはあらかじめ右隣の大竹まことに見せている!!』と叫んだ。さらに叫んだ。『ここで私は引き下がるがこの部分は編集でカットするなよ!』とくに目の前にいたチーフディレクターに向かって。かれは困った顔をして目をそむけた。
この超能力コーナーの終了のときも『私の部分をカットするな!』と手帳のψの字をカメラに向かって示しながら叫んだ。さらに番組終了のときのたけしの挨拶のときにも『カットしたら承知しないぞ!』とやった。
番組が終わって挨拶、このときにもチーフディレクターにこのことを話した。彼はまたもや顔を背けた。最後に出口でテレビ朝日の責任者にも会ったので『カットしないように』と念を押した。
これほどやっても彼らは私の意向に反して、この件にかかわるすべての私の発言、映像をカットした。 彼らは一介の『超能力者』を守り、オカルトを支持し、大槻を否定した。八百に塗り固められたオカルトを放送してきたが、しかし私が理路整然と反論、否定することもそのまま取り上げてきた。これまで私の反論はあからさまにカットされたことなど一度もなかった。
しかし残念ながら数年前に制作会社のスタッフが入れ替わった。それ以降、あからさまにオカルト擁護に変わり、オカルト否定派を削減し始めた。今回などオカルト派一色。否定派は申し訳程度に私一人だけ。その一人の意見すら大幅カットだった。もはやこの番組、来年はないだろう。20周年記念を前にして異色の『たけしの超常現象特番』も消えるのだ。
この番組を毎年見ていただいた皆様、長いことありがとう!」




確かに大槻教授の言っていることは事実である。
正直ここ数年、収録中にも元気がなかった教授に対して、少々心配していたのだが、この日の教授は全盛期のようにハイスパートであった。ブログで主張されているように自分の脳内をハッキングするように果敢に挑んでいった。これは紛れもない事実である。

ただし大きな勘違いがある。
あのブレインハッカーは超能力者ではない。単なる手品師である。いやいやメンタリストも、ブレインハッカーも手品師の一形態に過ぎず、アメリカでは、ブレインハッカー=マジシャンが常識である。
教授は放送倫理に反するとスタッフに指摘しているようだが、教授自身が昨年や三年前に彼がやったことこそが「放送倫理」に反するのではないだろうか・・・。

(続きはメルマガで)

山口敏太郎のメルマガ「サイバーアトランティア」http://foomii.com/00015

山口敏太郎のメルマガ「サイバーアトランティア」http://www.mag2.com/m/0001368191.html

暴露、表で言えない激ヤバ情報のメルマガ!
山口敏太郎のサイバーアトランティア http://foomii.com/00015
山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」http://blog.goo.ne.jp/youkaiou/

画像©PIXABAY

続きを読みたい人は以下でメルマガをお読みください】
いまなら一ケ月無料!!!

【まぐまぐへのリンク】
【フーミーへのリンク】

山口敏太郎のメルマガ サイバーアトランティアの過去記事

【サイバーアトランティア326号】
★マレーシア現地人が殺害方法暴露 金正男を暗殺したのは北朝鮮では?
★トランプ大統領の命が危ない?宇宙人が護衛の中にまぎれている
★日米首脳会談、トランプ大統領と握手した安倍首相の顔に注目
★事故ではなくもはや戦争」、中国の化学工場でキノコ雲

【サイバーアトランティア325号】
★医者や医療に頼りっ切りの依存体質が、実は死亡率を高めているのでは ないか?(後編)
★ハルマゲドンへの準備か? アメリカ富裕層の不穏な動き
★生死不明!?エリザベス女王の情報が錯綜している!
★国会中にツイッター!?あの国会議員の手元に注目!

【サイバーアトランティア324号】
★「世界支配層1%の悲鳴が聞こえて来た」情報を統制していたシステムが崩壊している
★山口敏太郎事務所が調査し続けるミステリー、SMAPとザ・ドリフターズの共通点問題。
医 者や医療に頼りっ切りの依存体質が、実は死亡率を高めているのではないか?(前編)
★トランプ政権のキーワードの謎が解けた!
某ライブハウスに狙われた千葉麗子

【サイバーアトランティア323号】
★あの椅子はなぜ二つあるのか 「従軍慰安婦少女像」の裏事情
★多局化する世界 現れるアメリカの世界覇権を終了させるバトンリレーの構図
珪素&ケイ素の街 カッサーラの波動を発する物体
★たった5回で逮捕!?ストーカー規制法改正の危うさ
公園の地中から11匹の猫の死骸を発見!サ夕二ズム信仰なのか!?

【サイバーアトランティア322号】
★ 大統領就任 その影で行われる第3次大戦「推進派」と「阻止」派の暗闘
続報:CIA長官の「米覇権の終 了」宣言にはまだ続きがあった!?
禁断の味!ロックフェラーやロスチャイルドの長生きの秘訣は「ピザゲート」
Sさんの衝撃体験:「UFOと友達のおじさん」に遭遇した!
読者投稿 昔から知っているあの人が人気芸能人になっていた!

【サイバーアトランティア321号】
★驚愕の動画が存在した!?「拘束され、処刑を待つプーチン」
★人と人とのつながりとふれあいを絶つことで、人口削減に繋げていく!?
★年末に起きた地震は人工地震だった!?
★今後10年の間に致死的インフルエンザが蔓延する!?
「スター・トレック」最新作に出演した俳優の死は陰謀だった!?




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る