【重罪】イケメン俳優カラオケ店で大暴れ!洒落にならない事態に…

現在、映画にドラマにCMにと、現役バリバリのイケメン俳優Bには決して触れてはいけない「黒歴史」があるという。

Bは中学・高校生の頃にはすでに酒の味を覚えており(言うまでもなく未成年飲酒である)、学校が終わると近くのコンビニで梅酒などをしこたま購入したそうだ。




そして、友達とカラオケボックスに向かい、ひたすら酔っ払うという毎日を送っていたという。飲酒だけでも問題であるにもかかわらず、Bとその友人たちはなんと店内で大暴れしていたというのだ。

その暴れ方は尋常ではなく、ボックス内の照明を叩き割る、注文した料理は投げつける、テレビ画面をたたき割るなどのありとあらゆる破壊行為を繰り広げていたという。

以上は本人が某雑誌のインタビューで答えていたために事実であると思われるが、本格的ブレイク前に受けたインタビューだったため、その後に所属事務所が証拠隠滅したと思われる。




もちろん未成年飲酒に加え器物破損は罪が非常に重いため、本エピソードは「若気の至りということで許して欲しい」と自分では黒歴史にしているというが、のちに迷惑をかけたカラオケボックスに謝罪などはしたのかと他人事ながら心配してしまう。

これだけ常軌を逸している行為は若気の至りでは済まないと判らないのだろうか・・・。

(ミッチェル横山 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)



関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る