【なんじゃこりゃ】銃を持った中年女性…「いらすとや」ファンキー過ぎ!





9月26日「Jタウンネット」が報じたニュース記事『「いらすとや」が若手イラストレーターの仕事を奪っている』が論議の的となっている。

これは誰でも無料でイラストの使用できるウェブサイトの「いらすとや」からの作品が「至る所で見かける」といわれ、若手イラストレーターの仕事を奪っているのではないかと疑問を呈する記事である。

そして、現在この件に関してインターネットでは多くの利用者が「いらすとや」について意見交換するなど話題になっている。

「いらすとや」は使用料完全フリーで著作権表記なし、商用媒体も使用可能とのことで、街や自治体、学校、国の発行するパンフレットまで多くの媒体で使われている。

若手イラストレーターの仕事を奪っているという指摘に対しては、「フリー素材に負けているイラストレーターの実力不足」「業界が無料を前提にイラストを使うのは問題」などという意見があるが、「結局この幅広いバリエーションを描ける人材がいない」という話になるという。




それを象徴するのが今回、ご紹介しているイラストである。

3人の中年女性が銃のようなものを持っているが、タイトルはなんと「エアガンで猿と戦う主婦のイラスト」で説明文には「農作物を荒らすニホンザルを撃退するためにエアガンを手に取り立ち上がった主婦たちのイラストです。」との説明がある。

これはニホンザルが街で多く目撃され、農作物を荒らす事件が相次いだことから制作されたと思われる時事ネタで、猿こそ描かれていない、が銃を片手にポーズをとる中年女性のビジュアルは強烈で、発表時にも「なんじゃこりゃww」と話題になったという。

世界広しといえ、おそらく上記をテーマにしたイラストは史上初だと思われ、これこそ「いらすとや」の底力を見せた作品といえるのではないだろうか。

(網元メロンパン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る