5月5日にちまきを食べる習慣、楚の屈原と蛟龍に由来





5月5日の「端午の節句」に関して、アトラスでは「菖蒲湯」「柏餅」の由来について記してきた。

今回は笹の葉で包み、井草で縛った三角形や長円錐形の粽(ちまき)を食べる習慣について記しておきたい。

関連記事

柏餅の葉っぱは食べないのが正しい!魔除け・子孫繁栄の意味

このちまきを食べる習慣は、平安時代には厄除けとして日本に定着していた。その後、武家社会に子孫繁栄の儀式として広がっていった。




この習慣は、中国の春秋戦国時代の英雄・屈原の逸話から生まれたとされている。屈原は楚の国の詩人であり政治家であった。同盟を持ちかけた隣国の秦の謀略を見抜き楚の国の王に進言したものの、疎まれ左遷されてしまった。屈原はこのことに国の将来を憂い、懐に石を入れ5月5日に淵に入水自殺をしてしまった。

屈原の死後、その命日に人々は供養として米が詰められた竹筒を淵に投げ込んだ。しかし、人々の夢枕に屈原の幽霊が立ち、こんなことを告げた。「淵に棲む蛟龍(こうりゅう)が、供物を食べてしまうので、楝樹の葉で包み五色(赤・青・黄・黒・白)の糸で縛ってから川へ投げこんで欲しい」それ以来、人々はそのようにして供物を投げ込むようになった。これが「ちまき」の始まりである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Jason Goh PIXABAY





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る