14年前の未解決事件が急展開!広島・廿日市市女子高生刺殺事件容疑で山口の35歳男逮捕

13日、広島県警は暴行事件で山口県警に書類送検されていた山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を、2004年10月に広島県廿日市(はつかいち)市にて高校2年生の北口聡美さん(当時17歳)殺害の容疑で逮捕したと発表した。

事件は2004年10月5日午後3時頃、広島県廿日市市上平良の自宅にて起きた。

当日、北口さんは期末試験のために普段より早い2時頃に帰宅、4時のアルバイトに備えて仮眠すると伝えたのち、自宅離れ2階にある自室で仮眠中に侵入してきた男性に刃物で首や胸などを10箇所ほど刺され、死亡した。なお、悲鳴を聞いて駆けつけた祖母も刺され一時重体となっていた。

関連動画
14年前の女子高生殺害 35歳男を殺人の疑いで逮捕(18/04/13)






離れの玄関には大量の血痕が残されており、犯人は2階で休んでいた北口さんを襲い、玄関まで逃げた所を追いかけて何度も刺したとみられている。北口さんの部屋には物色した跡がなく、財布も残されていたため金銭が目的ではなかったと考えられていた。

また、北口さんの顔に殴られた跡や衣服が破られた様子もなかったため、暴行目的でもなく、何らかの要因で強い殺意を抱いて犯行に至ったものと推測されていた。さらに犯人は母屋に寄ることなく、まっすぐに離れの2階にある北口さんの自室を目指していたことから、家の間取りを知っていたり、部屋を訪れたことのある人物ではないかとも目されていた。

関連記事
【未解決事件】加古川小ニ女児殺人事件、犯人特定…フジTVがミスリード !?
世田谷一家殺害事件の真犯人が掲示板に書き込んでいた!?
【ミステリー】女子中学生がセーラー服残し、学校から逃走、飛び降りまで15分の謎




当時、犯人は妹や祖母らが目撃していたこと、付近住民もスクーターに乗った若い男性等を目撃しており、また現場には犯人のものと見られる指紋やDNA、スニーカーの跡などが残されていたため、犯人の特定は容易かと思われていた。しかし、捜査は難航して今に至るまで未解決のままとなっていた。

今回、別件の暴行事件で逮捕、書類送検されていた鹿嶋容疑者の指紋やDNA型が廿日市市の事件現場に残されていたものと一致したことが判明。県警は容疑者と北口さんの接点や動機などを詳しく調べる方針だという。

(勝木孝幸 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©ANNnewsCH YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る