アメリカの大都市をUFOが襲った!?「ロサンゼルス空襲事件」(1942年)





 これは1942年2月24日から25日にかけて起こったUFO黎明期の貴重なUFO集団目撃事件である。

 2月24日、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス市にて、正体不明の光と謎の照明弾が目撃された。既に日本と交戦状態にあったため、日本の空軍による敵襲ではないかと過敏に反応した米国政府は、午後7時18分から4時間にわたって警戒体制を発令した。

 25日の午前2時15分には、194km沖合に未確認の物体をレーダーが探知。再び敵機来襲と判断され、2時25分から空襲サイレンがロサンゼルス市中に鳴らされ、灯火管制が敷かれ、空に対する厳戒態勢がひかれた。未確認飛行物体は二種類が確認され、猛スピードでジグザグに飛行していったという目撃証言も出ていた。

 午前3時16分、海上から飛来してくる未確認飛行物体に向けて探照灯が照らされ、対空砲による砲撃を開始。謎の飛行物体と米軍による交戦が始まった。発光しているかに見えた飛行物体は、対空砲火にはびくともせず、ホバーリングした後、内陸部に向かって飛行していったという。




 この時、ロサンゼルス上空に飛来した未確認飛行物体の数は諸説あって不明である。6〜9機の白い発光体であったという説と、30~40機いたのではないかという説がある。

 結局、対空砲火は午前4時14分まで続き、58分間に合計1,430発の攻撃を加えたが、ただの一機も未確認飛行物体を打ち落とすことはできなかった。

 日本による真珠湾攻撃の3ヶ月後であったことから、神経が過敏になっており、そこから発生したパニックであるという見解が示されたが、やはり、何らかの未確認飛行物体が飛来したのではないかという説も根強い。

関連動画
UFO Battle Of Los Angeles Original Footage & Broadcast February 26, 1942

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る