北朝鮮が豪語「9月9日はアメリカ、日本、メキシコに神の怒りが! 」

北朝鮮が建国記念日を迎え、核超大国になったと豪語しているが、朝鮮人のある預言者がアトラス編集部にある一文を送ってきた。

以下、参照の事。(翻訳と要約をしました)

アナタ方は神の怒りに触れてしまいました。
大使を追放したメキシコに地震が起こり、アメリカに従属する日本にも、秋田で地震が起こった。
これは神の国である朝鮮に弓を引いたからである。
アメリカにもハリケーンが上陸しようとしている。
神の力を操る将軍様の前に、邪悪な貴方たちは滅びるだろう。

といった内容である。



単なる偶然を神の怒りにこじつけるとしたら、なんと馬鹿馬鹿しい戯言か。

いやそれ以前にメキシコや秋田で地震の被害に遭われた方々の気持ちを考えると許しがたい。

地震を自国を正当化するために詭弁に使うなど噴飯ものだ。

神の怒りではない。これは偶然なのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る