ロズウェル事件70年の推移 今でも新証言が…

来年2017年は、UFO史に残る事件「ロズウェル事件」が発生して70年目となる。

1947年、アメリカはニューメキシコ州ロズウェル近郊の農場に謎の物体が飛来、墜落。米空軍は「空飛ぶ円盤の一部を回収した」と発表したものの、その日の夕方には撤回。しかし現地ではUFOが目撃されたという証言や、軍の発表とは違う謎の金属物体を目撃したという証言、また軍がUFOの破片とともに「宇宙人の死体」らしきものを回収していたとする証言も出てくるなど、何度も注目されるたびに検証が行われているものの、未だに謎の多い事件となっている。

70年目の節目の年であるためか、今アメリカではロズウェル事件に再びスポットが当たり、多くの調査が行われている。全く新しい試みで検証を行ったり、調査の結果新たな証言や物証も出てきている。




今でも精力的に活動を行っているアメリカの大手民間UFO研究団体であるMUFONの元には、当時の様子を知る人々からの新たな証言も寄せられているという。

ある人物は、当時アルバカーキからロズウェル付近へ車で向かっていたところ、走行中にUFOが車の上に出現してしばらく追跡してきたと証言している。このUFOは船体の各所にライトがあり、円錐系に近い円盤だったという。ライトは様々に色を変えており、上は赤みがかって、株は緑がかっていたそうだ。

また、別の人は夜間ヘリの音がしたため空を見上げると、謎の大きな黒い荷物を提げたヘリが現場とされている場所から飛び去っていく所だったと証言している。

これらの新しい証言はこれからも様々な所から出てくるものと考えられている。70年目の節目の年に、謎は解明されるのだろうか。

関連動画
1947 Roswell UFO Incident │Documentary Full Movie

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る