ドラッグ?アスカとパーティー常連ミュージャンC、指が震えてギターが弾けない?

音楽業界で話題になっているのが、ベテランミュージャンのCの変調ふりだ。

今年某イベントでギターを披露する予定が、指が震えて全く弾けず、当て振りせざるえないという珍事があった。

ミュージャンCによる抜群のギターテクニックは定評があり、日本人のメジャーミュージャンでも十指に入るほどで、現場で弾けないという事は今までなかった。




ところがもはやCはギターが弾けず、イベント中も大量の汗をかき、異常な目つきで周囲を威嚇していたらしい。

業界で噂されている情報によるとCは薬物中毒であり、チャゲアスの飛鳥が入り浸っていたパーティーの常連であり、その参加者から覚せい剤を勧められ定期的に使用するようになったと言われている。

このパーティーの参加者リストと売人の販売先リストが一部重なっており、その重なった人物は全て周辺の捜査が始められたと聞く。

日本を代表するギタリストも、逮捕される日が近いかもしれない。

(隼 英人 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

※写真はイメージ







関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る