【閲覧注意】「神の奇跡」か!?村で生まれた一つ目の子牛





インドで異形の子牛が発見。しかし村人らはこれを「神の奇跡」と呼び、とても大切にしているという。

問題の子牛インドの西ベンガル州のRanaghat地域で生まれたもの。目が一つしか無い上に、鼻も存在していないため、牛とは全く別の生物に見える。概して奇形で生まれた生物は未発達でもあるため、体が弱く長生きできないとされているが、この子牛も生まれた時からかなり弱っていたのか、常に地面に横たわっている様子が動画に捉えられている。

関連動画
‘Cyclops’ calf born with one eye and no nose is worshipped as ‘miracle of God’






母牛も心配そうに世話をしているとのことだ。村人によれば、異常なのはあくまで頭部のみであり、体は普通の子牛と変わらないとのことだ。

この子牛を見た獣医からは、恐らくシクロピアと呼ばれる生物学的先天性欠損症による奇形だという意見が出てきている。

関連記事

【衝撃映像】神の遣い!?インドで「一つ目のヤギ」が誕生!!





しかし、村人達はこのような牛が生まれたのは初めてだということで「むしろ神による奇跡ではないか」と噂しあっており、中には「ヒンズー教の神の一柱であり創造神のブラフマーの化身ではないか」というものもあって、噂が噂を呼び近隣の村から見物客が引きも切らない状態になっているという。

いずれにせよ、先天的な疾患や奇形で生まれてしまった動物は前述のとおり体が弱く、この子牛も数週間しか生きられないとみられている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Mega Source / YouTube


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る