ヒョウ柄のコアラ?新種発見か…





オーストラリアの観光局本部が衝撃的な写真を発表した。

オーストラリアと言えば有袋類の生息する大陸、代表格はユーカリを主食とする可愛いコアラだろう。そんなコアラの変わった個体を捉えた一枚が掲載された。姿こそ普通のコアラと変わらないものの、なんと毛皮に黒いブチが入っている。まるでヒョウ柄のコアラとも言うべき姿だったのだ。




遺伝子異常により白化や黒化がみられ、通常の個体と違った見た目になってしまう事は他の生物でも見られる事だが、柄が出てしまうケースは報告されていない。果たして、このコアラは突然変異だったのか?それとも新種のコアラなのだろうか?

…と、書かせて頂いたが、実はこのコアラの報告は全くの嘘。




先日4月1日、エイプリルフールのジョークとして発表されたもので、実際のコアラの画像にPhotoshopで加工を施し、あたかも新種のコアラのように見せかけたものだったのである。

エイプリルフールは世界中でユニークなジョーク記事が発表されるが、このオーストラリアのコアラの記事は特に秀逸なジョーク記事として各地で注目を集める結果となったようだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©eacuna in PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る