やはり新兵器なのか?白昼堂々姿を表した三角形UFO!





こちらはオランダはアムステルダムにて撮影されたあるUFO動画だ。本アトラスでも度々紹介している「黒い三角形UFO」だが、近年撮影された写真や動画の中には、より戦闘機に近い姿をしたものも確認されている。

そこで、黒い三角形UFOは米軍の新兵器であり、実用に向けて改良を重ねているので姿が変わるのではないかという説が出ていた。

関連動画
Triangular UFO over Amsterdam, Netherlands on 10/28/2013






そんな説を裏付けるような動画が2013年に撮影されていた。同年10月28日、オランダはアムステルダムの空を撮影したものだが、青空の中に白く輝く物体が写り込んでいる。飛行機とは違う形状で、底部には青やオレンジに光る大きなライトが着いているようだ。

この動画について、海外のUFO研究家である 氏は「確かに黒い三角形UFOの正体とされる新型戦闘機のTR-3Bであるように思われる」と語っている。

しかし、「もしこれが本当にTR-3Bである場合、米軍やパイロットが日中に低空を飛行して目撃されるような愚かな行為を犯すとは思えない。そのため、エイリアンの操るUFOである可能性もあると考えている」と語っている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFOFilesTV / YouTube





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る