稲垣吾郎ラジオでSMAP解散弁明 謝罪文は事前に配られていた?

稲垣吾郎が自身が8月18日、パーソナリティを務めるラジオ番組『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』に出演しSMAP解散をファンに謝罪した。




番組は生放送で行われており解散報道後初めて、SMAPのメンバーが直に話すラジオ番組だったため注目が集まっていた。

稲垣吾郎は冒頭で、

「すでに報道で皆さんご存知だとは思いますが、SMAPは解散というかたちを取らせていただくことになりました」

と挨拶し、すぐに通常放送に戻ったが、一部のネットニュースでは放送がはじまった瞬間の21時30分にネットニュースが流れはじめていた、という証言があり稲垣吾郎の謝罪文は事前に考えられマスコミへ配られていたのではないか?と疑問の声があったという。

稲垣吾郎のコメントはいわゆる定型文で自身の気持ちは語っていないため、事前に台本があったのでは?と囁かれている。

しかし、ネットニュースは時間を自由に変更できるメディアのため、我れ先にと稲垣吾郎のニュースを少し時間を前倒しで配信した可能性もあり「コメントの事前配布」についてはあくまで都市伝説のひとつとして認識すべきという声もある。

解散報道からそろそろ1週間が経過するSMAPだが、メンバーのひとりひとりから無垢の肉声コメントが聴ける日は来るのか、とファンは待ちわびているはずだ。

(文:網元メロンパン ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)









関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る