爆乳SEXYショーガール、ゴーストバスター(?)に転職





元セクシーモデル&ショーガールのレイシー・ワイルドさん(46)、つい最近、商売替えをしたという。

その新しい職業というのが、なんと…霊媒師だ。

ゴリゴリに膨らみ過ぎたそのバストは爆乳を遥かに超越した、凄まじ過ぎるドでかいQカップ(⌒∇⌒)をフル稼働させて(といっても、シリコンなのであまり動きませんが)、自らをゴースト・バスター、もとい!ゴースト・バスティー(巨乳)と名乗るレーシーさん。




なんでも、この新しい商売を始めることになったきっかけというのが、「昔から死人と話すことが出来たり、あの世からのメッセージなんかを受け取ることがあるの」「ある女性には、おっぱいのレントゲン写真を撮らないといけないと助言したら、あとでその女性から乳ガンが見つかったって感謝されたわ」と昔からかなりの霊的な能力があったからだという。

片パイの重さがそれぞれ9キロという、超ヘビー級バストを引っ提げて、レイシーさんの新たなキャリアがスタートした。

当然、いろいろな意味でミステリーが大好きなATLASもレイシーさんを応援します。

関連動画
Glamour Model Lacey Wildd Becomes Clairvoyant ‘Ghost-busty’: HOOKED ON THE LOOK

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る