【衝撃】伊集院光の深夜ラジオ、やはり放送終了?…後釜はあの娘に任せた!

画像©伊集院光とらじおと|TBSラジオFM90.5+AM954~聞けば、見えてくる~公式ウェブページより




2019年4月24日に放送されたTBSラジオの番組『伊集院光とらじおと』に於いて、番組パーソナリティーの伊集院は、先日、自身が以前に言及していた深夜ラジオ『伊集院光深夜の馬鹿力』の「店じまい」について、改めて触れる一幕があった。

この日の『伊集院光とらじおと』は、女優の松岡茉優がゲストだった。伊集院は、番組が始まるとしばらくは普通に松岡とトークを行っていた。すると、途中で松岡が「俳優とラジオスターの違うところ」点をいくつか上げ、伊集院を驚かせたのである。続けて、松岡のトークが達者であること、ひとり喋りができることなど、ラジオ向きの人材であることを伊集院は直感したようだった。

関連記事

『伊集院光とらじおと』連日紛糾!今度はゲストが日付勘違いでスタジオ登場






そのことから、伊集院は「松岡さんは深夜のラジオ番組やったほうがいいよ」と太鼓判を押したほか、「生放送で衝撃的なこと言いますけど、僕もう51歳なんで、深夜放送はそう長く続けられない。後をやるんなら本当に任せたいです」と自身の後継者に松岡を推薦することを表明したのだ。

これら発言は、もちろん伊集院のリップサービスの可能性はじゅうぶんに考えられる。しかし、2018年7月の放送時には神田松之丞に対し「深夜の方は近いうちに『店じまい』します」と発言していたことからも、今回の松岡に対して「後を託したい」と言ったことは、番組終了に対して俄然リアリティが増すことになった。




また、51歳という年齢はTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」の爆笑問題の二人が53歳と54歳なので、その次に深夜放送DJにおける最年長者となる。近年ではTBSラジオで長年深夜ラジオの帝王として君臨していた、『コサキンDEワァオ!』はパーソナリティの小堺一機、関根勤がそれぞれ53~55歳時に深夜放送を終えていることを考えると、51歳の伊集院が長く深夜ラジオを担当できる時間は確かに少ないと考えるのも無理はない。

ただし、60歳になっても70歳になっても末永く番組を続けてほしいのは多くの伊集院ファンの希望であることも間違いないはずだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る