警視庁にマスコミのスパイがいる!?ASKA逮捕を事前に漏らしたのは誰?

ASKA容疑者への厳しい取り調べが続いている。

ASKA容疑者は謎の組織ギフハブが自分をはめたと主張している。

一方で覚せい剤の入手経路は福岡の飲み屋ネットワークではないかと見られており、マスコミ関係者や捜査陣が多数福岡入りし、聞き込み調査に入っている。




しかし、警視庁の中ではASKA容疑者の身柄を拘束する前に、マスコミに「ASKA逮捕」という情報が流れてしまった事を深刻なことだと指摘する声もある。

残念ながら警察関係者にも口の軽い人物がおり、逮捕状を請求する前に何者かがマスコミにASKA逮捕を暴露してしまったようなのだ。

警察の信頼を取り戻し、組織を維持するためにも、暴露した人物を特定し適切な処罰を期待したいところだ。

(鉈田圭介 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)







関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る