時空の歪みか?空に四角い「切れ目」が出現した!





日々UFOの目撃証言を紹介している本アトラスだが、昨年頃から新しいUFOや奇妙な天体現象が写真や動画に捉えられたという報告が上がってきている。

新しいUFOとしては、謎の四角形UFOだ。全体が黒く縁が光っている長方形の物体が飛行していると言うもので、アメリカを中心に目撃例が出てきている。

そんな四角形UFOの新しい写真か?とされる画像が公開された。




関連動画
巨大『スペースマシン』が我々の住む次元に入り込んだ?

こちらはある人物が撮影した風景写真なのだが、空にまるで切り取り線のような、奇妙な光が出現している。光をよく見ると縁がギザギザしており、途中からぼけて消えているように見える。

こちらの写真は海外でUFO情報を紹介しているYoutubeチャンネルsecureteam10にて紹介された。撮影者は撮影時には全く気づかなかったそうで、管理者の Tyler氏はこの光について「時空の歪みが映ったのではないか。UFOが時空を超えて移動するために開けたワームホールかもしれない」と語っている。

視聴者からも様々な意見が寄せられているが、中には「レンズ内の反射にすぎないのではないか」とする意見も存在している。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©secureteam10 / YouTube





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る