闇営業で2億円…カラテカ・入江慎也の錬金術!コンビ解散か?





人気お笑いコンビのカラテカ・入江慎也が、闇営業を先輩芸人に斡旋した疑いで所属事務所の吉本興業を解雇になった。

今回週刊誌報道により、反社会的勢力のパーティーで闇営業をやっていた事が明らかになったが、入江の闇営業はこれだけではない。

関連記事

【芸能都市伝説】カラテカ矢部太郎、1日おにぎり1個で生きていける!





2015年に株式会社入江コネクションを設立したが、入江はそれ以前から闇営業に手を染め、10年間で2億件近い売り上げを記録していると噂されている。闇営業の斡旋を受けた先輩芸人は、一説には20人を超えると言われており、その悪質な手口は業界内部でも評判であった。

カラテカの相方・矢部太郎は、コンビ継続を希望しているらしいが、実質的な解散という事に落ち着きそうだ。

度を超えた副業により、身を滅ぼす事があるが、入江の猛省が求められる。

(串田圭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『入江式 のしあがる力(ちから。)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る