サイトアイコン ATLAS

行方不明になった第二次世界大戦戦闘機パイロットの謎、80年越しについに解明

第二次世界大戦時、米軍のある戦闘機が謎めいた消失をするという事件が発生していた。

今から80年前の1943年8月25日、ウォーレン・シンガー中尉はP-38ライトニングに搭乗し、イタリアのフォッジア近郊にある飛行場への攻撃に参加していた。しかし、彼の戦闘機はまだ海上4マイルの地点にあったにもかかわらず、目標に到達する前に跡形もなく消えてしまった。彼の戦闘機は海岸から離れすぎていたため、高射砲に命中することはなかったとみられていた。

また、わずか5カ月前に婚約者と結婚式を挙げていたばかりであり、彼が機体ごと姿を消してしまう理由も解らなかった。

シンガー中尉のライトニング戦闘機消失事件は第二次世界大戦における航空ミステリーのひとつとされてきた。しかし、今年になってシンガー中尉のP-38ライトニングの残骸がダイバーによって発見され、消失事件の謎がついに解決されることとなった。

P-38ライトニングの残骸を発見したのはイタリア海軍連盟の水中研究グループ。所属するダイバーがマンフレドニア湾の海底12メートル付近に沈んでいる状態で発見した。


残骸を確認したファビオ・ビショッティ氏によれば、機体は驚くほど良好な状態で、墜落前に敵の攻撃を受けたようには見えなかったという。そこから恐らくシンガー中尉機は、何かしらの機械的な問題が発生したため海中に没したとみられている。

ちなみにシンガー中尉には現在12人の子孫がいるという。

「私の母は最近、結婚式から彼が出征するまでに3日間あったことに気づきました。妻マーガレットとウォーレンが一緒にいた時間がとても短かったから、私たちはみんな生きているんです。彼は愛と希望と夢を持った若者でした。ウォーレンは私たちにとって英雄であり、私たちは彼を愛しています」とシンガー中尉の孫の一人は語っている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Photo credit: Falcon_33 on Visualhunt.com

モバイルバージョンを終了