大麻、覚せい剤、コカイン…薬物王ロックミュージシャンA、「ドラッグは卒業」と豪語!

薬物が蔓延している芸能界でも一目おかれる男がいる。ロックミュージシャンのAだ。

Aはロックミュージシャンでも最古参の部類であり、ロカビリー、グループサウンドなど、殆どのミュージシャンに睨みをきかすことができる大物である。

全盛期には毎日薬物を使用しており、いつでもハイになり易いように錠剤を頻繁に利用していたという。




そんなAは、ありとあらゆる薬物を使用してきたと豪語しているという。

大麻はタバコがわりで、コカインは気分転換、覚せい剤ですら気付け薬と嘘ぶいていたらしい。

考えうる全ての薬をやってきたAは、芸能界の薬物王とも揶揄されてきたが、最近は可愛い孫に目を細める好々爺になっている。

(松田ケン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る