タグ:大和郡山

  • 恋人たちの怨念の火

    豊臣秀吉が天下を治めていた頃の話である。大和郡山の城主は秀吉の弟、羽柴秀長が勤めていた。 「うちの殿様は、よきお方じゃ」 「まことよ、慈悲深い殿様じゃ」 人々が絶賛する名君であった。その家臣の忰に亀井式…

カテゴリー

ページ上部へ戻る