遠い世界に住むエイリアンの気配を察知するレーザー装置を開発

遠い世界のエイリアンの兆候を検出することができるレーザー装置が科学者によって開発された。

この小型化された機械は、NASAの宇宙ミッションに合わせて作られたもので、地球外生命体の探索に革命を起こす可能性があると考えられている。

装置の重さは約2.2キロ、2つの装置を組み合わせて小型化したものである。最初にパルス紫外線レーザーで微量の物質を除去し、ミニLDMSオービトラップと名付けられたスキャナーが、物質の化学的性質に関する高解像度のデータを提供するという。惑星サンプルの分析や現場での生物学的活動を損なうことなく、資源効率も向上しているという。




主執筆者であるメリーランド大学のRicardo Arevalo教授は、次のように述べる。

「Orbitrapは元々商業用として作られました。製薬、医療、プロテオミクス業界の研究室で採用されており、私の研究室にあるものは100キロを超えるかなり大きな装置です。我々が宇宙で効率的に使用できるプロトタイプを作るのに8年かかりました」

また、ミニLDMSオービトラップは、エンケラドス・オービランダーのような生命探査やNASAアルテミス計画のような月面探査を含む、将来の太陽系外探査に必要な知見を提供するものだ。

今回の装置はまだ地球外の惑星環境で使用されていないが、Arevalo教授は「この装置は、宇宙探査や現場での惑星物質分析を行うに合理的である」と述べている。

科学者たちは数年以内にこの装置を宇宙へ送り、惑星の標的に投下することを希望しているそうだ。

画像 Fabian / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る