【山口敏太郎 御朱印の旅】 東京都新宿区『稲荷鬼王神社』

御祭神 宇賀能御魂命(うがのみたまのみこと)鬼王権現(きおうごんげん)
ご利益 湿疹、腫物をはじめとする諸病一切。また人間関係運。

鬼王とつく神社は珍しい。鬼だけならあるが王がつく。鬼は悪魔を祓うと言われ、自分の心に住む悪魔を祓う事でより良い人間関係を育むことが出来る。鬼王権現は、湿疹・腫物を初め諸病一切に豆腐を献納し、治るまで本人或いは代理の者が豆腐を断ち、当社で授与される「撫で守り」で患部を祈りつつ撫でれば必ず平癒するといわれている。

明治まで社前の豆腐商数件がこの豆腐のみにて日々の家計を営んでいたといわれたほど。

御朱印はこちら(上部画像)
角型の社印が美しい御朱印だ。筆者も御参りして御朱印を授かりたいものである。


画像 Mr.アルプ / photoAC

『稲荷鬼王神社』

住 所∶〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2丁目17−5
電 話∶03-3200-2904

東京神社庁公式ウェブサイト
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/shinjuku/5427/

(可部篤子 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る