UFO基地がある?火山ポポカテペトル山でUFOが撮影された…

UFOが目撃されやすい場所の一つに、火山がある。噴火の前兆現象の一つに発光現象があり、それを見た人がUFOだと勘違いしてしまう、という説があるが、火山という人が立ち入る事が難しい環境であるからこそ、近くにUFOの基地が作られているという説も存在している。

有名な所では、メキシコのポポカテペトル山がそうだ。この山の周辺では多くの人がUFOを目撃していたり、火山の状況を観測する定点カメラに奇妙な物体が写り込むと言われている。

そんなポポカテペトル山から新年早々にUFOの目撃例が報告された。1月8日の早朝、ルイス・ゲラ氏はメキシコのアトリスコにある彼女のカルラ・ガルシアさんの家からポポカテペトル山の様子を見ていたところ、雲の中から灰色の楕円形UFOが姿を現すのを目撃。すかさずスマートフォンでの撮影に成功した。




その後、ガルシアさんはゲラ氏に撮影したUFO画像を見せてもらい、自身のFacebookにて紹介することにした。「午前7時52分の今日の写真。ポポカテペトル、月、そしておそらくUFO…」とのキャプションを添えて画像を投稿した所、大きな反響を呼ぶ結果となったという。

果たしてこの物体が本当にUFOなのかは解らないが、アトリスコの町はメキシコ国内でもUFOの目撃例が多く、超常現象も多数報告されている町である。町のすぐ外にある丘プント・マルコーニは空飛ぶ円盤の目撃例があまりにも多かったことから、2001年にUFOのモニュメントが建てられたほどである。

また、町のすぐ外側には「通常の重力の法則が適用されない道路」が存在しており、岩やフットボール、さらには車が勝手に坂を上るとも言われている。

再びUFOの目撃証言が報告されるようになったポポカテペトル山、地下の基地にいるエイリアンも活動を再開したのだろうか?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 TELEBYN / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る