【山口敏太郎 御朱印の旅】 兵庫県尼崎市『尼崎城』

主な城主 戸田氏鉄、青山氏、松平忠喬
城郭構造 平城
ご利益 勝負運気や受験、就活、出世、恋愛など『勝ち運』

尼崎城は1617年(元和3年)に入封した戸田氏鉄によって築かれた城。一国一城令後の築城。本丸には4重4階の天守が築かれるなど、5万石の大名には大きすぎる居城で、これは幕府が西国大名の監視を命じていたためである。

1635年(寛永12年)に氏鉄が大垣城へ転封となると、替わって入封した青山幸成によって改修。1711年(宝永8)以降は桜井松平氏が城主をつとめ、そのまま明治維新まで残る。1873年(明治6年)に廃城。しかし2015年(平成27年)旧ミドリ電化(現エディオン)創業者が私財を投じて天守を建設することになり、2018年(平成30年)11月に尼崎市に寄贈されました。

尼崎ではイベントが沢山!2022年は山口敏太郎、中山市朗、竹内義和、渡辺裕薫率いる怪談ライブ「震える尼崎」が開催された。タートルカンパニーの画家、増田よしはる氏による妖怪画展も開催された。こちらも大反響を呼び増田よしはる氏による絵の入った御朱印も出来たのである。

御朱印はこちら(上部画像)
増田よしはる氏による妖怪画の入った御朱印3種である!これはコンプリートしたいだろう(現在売切れている可能性有)

『尼崎城』

住 所∶兵庫県尼崎市北城内27
電 話∶06-6480-5646

公式ウェブサイト
https://amagasaki-castle.jp/

(可部篤子 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る