【山口敏太郎 御朱印の旅】 大阪市中央区『少彦名神社(神農さん)』

御祭神 少彦名命、炎帝神農(えんていしんのう)

ご利益 少彦名命は医薬・まじない・温泉・酒造の神など多彩な能力、炎帝神農、大国主命(おおくにぬしのみこと)と国造りをされたと言われている神様が少彦名命。炎帝神農は医療と農耕の術を教えたといわれている。名は最古の本草(医薬書)「神農本草経」の書名にも記されている。神社のある大阪道修町(どしょうまち)は豊臣時代頃から薬種取引の場として薬種業者が集まっていた。

御朱印はこちら(上部画像)
まるで薬袋のデザインのよう。


画像 yukkie50 / photoAC

『少彦名命(神農さん)』

住 所∶〒 541-0045 大阪市中央区道修町2-1-8
電 話∶06-6231-6958

公式ウェブサイト
https://www.sinnosan.jp/

(明賀恵 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る