悪魔…それとも幽霊?公園で犬を散歩させていた家族が謎の影を撮影

海外にて、犬を散歩していた人が奇妙な生命体らしき謎の物体を捉えて話題になっている。

この映像はイギリスはノッティンガムシャー在住のロウェット夫婦によって撮影されたものである。その日の朝6時頃、二人はクランバー・パークにて愛犬を散歩させていた。森の小道にさしかかった所で、妻のハンナさんは突如、自分たち以外にも何者かがいるような言いようのない気配を感じたという。

そこで彼女は携帯電話を取り出し、周囲を撮影してみたところ、なんと正体不明の灰色の物体が道を横切る様子が映像に記録されてしまったのである。

この地域では「グレイ・レディ」と呼ばれる灰色の長いマントをまとった女性の霊が現れるという伝説があるそうだが、今回携帯電話のカメラに写った物体は人間とはかなりかけ離れているように見えるもので、実際ハンナさんはこの影を「悪魔のような姿」と形容している。




「最初は犬かと思ったけど、見ているうちに人間のような形になってきたわ。這っているようで、手足が長く、悪魔的のように思えます。私はスマホのカメラで謎の物体を追いかけてから映像を見返して、『今、幽霊を見たわ。それをカメラにも収めたのよ』と夫に言いました」とハンナさんは語る。

この映像はその後、ソーシャルメディア上で大きな反響を呼んだ。動画を見た人の中には「超常的な何らかの存在を捉えている」と確信する人もいれば、単なる煙のようなものに過ぎないと主張する人もいるようだ。

果たして映像に写り込んだ物体の正体は何なのか、気になる人は是非動画を見てみて考えてほしい。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

TOCANA関連記事
地を這う「悪魔的な何かの姿」が撮影される… 呪われた森で撮影された恐怖映像=英

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る