サンタは宇宙人、イルミネーションに惹かれて地球にやってくる!?

クリスマスにトナカイの引くそりで世界中を回り、子ども達にプレゼントを配ってくれるサンタさん。そんなサンタさんは「実は宇宙人かもしれない」!?と驚きの説が注目を集めている。

この説を唱えているのはUFO研究家のラス・ケレット氏。彼は「ファーザー・クリスマスことサンタクロースは赤いスーツと帽子を着て、トナカイと空を飛ぶ陽気な髭面の老人として描かれてきました。しかし、彼は、人々が長年にわたって想像してきた結果本来の姿から歪んでいる可能性が非常に高いと思われます。実際には、クリスマスイブに空でエイリアンの船を発見した人から来たのかもしれません」と驚きの仮説を述べている。

彼がこの説に思い至ったのは、自身がホリデーシーズンに実際にUFOを目撃した経験から来ているとそう。

「ある年の12月、友人と私は地元の公園、クレセント・ガーデンを散歩していました。公園には美しく飾られたバンドスタンドがあり、その横に立ちながら澄んだ夜空を眺めることにしました。私たちが夜空を見上げていると、バンドスタンドの上空に2つの明るい球が浮かんでいることに気づきました。あれは公園やバンドスタンドの美しいイルミネーションや装飾を賞賛しているエイリアンクラフトだったのだろうと思います」




他にも彼は1980年代にも職場のクリスマス・パーティーの後でアブダクションされた経験があるそうで、これらがクリスマスの時期の鮮やかなイルミネーションや装飾がエイリアンを引きつけることの証左だと述べている。

「サンタクロースの伝説は、実はクリスマスイブに空から宇宙船を発見したことに由来するのではないでしょうか。空を飛び回ることからも彼(※サンタクロース)がエイリアンであるという結論に至るのは論理的なことですが、誰もが空飛ぶトナカイとそりのおとぎ話を信じたいのです」

確かに、今年米軍は新たなUFOOfficeを開設したし、毎年クリスマスの時期には必ず「サンタ追跡作戦」を行っている。だが、これらは少なくともサンタクロースをエイリアンと見なして追跡し、あわよくば撃墜しようとするものではない事は添えておきたい。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Kohji Asakawa / PIXABAY

TOCANA記事
サンタクロースは宇宙人、クリスマスにUFOがイルミネーション見物にやって来る? 驚きの珍説

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る