日本の平和には、オードリー春日の『アブノーマルな儀式』が不可欠って本当!?

12月2日放送『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系列・金曜21時58分)で、「昔ずっと、こういう収録中も『パンティ』を穿いていた!」と、MCの松本人志がゲストのオードリー・春日俊彰の衝撃的過ぎるこだわりについて暴露した!

「今はやってないです!」と前置きしてから、パンティを穿いていた理由について春日は、何かの拍子に芸人なので「脱げよ!」みたいになった場合、結果「何してんの?……」と引かれてしまうシチュエーションを想像。




その恐怖感やスリルが丁度いい感じのテンションになり収録に臨めるのだと、パンティを穿くのは″あくまでも″良い仕事をする為だと説明した。

意外に真面目な理由だったことに「スゴいねー!」と、感心を示したノブとは対極的に「『今はやってません!』と言いながら、もしかしたら今穿いてるかも……」と邪推した千鳥・大悟。

そんな大悟に対し「大っぴらに言ったりアピールするもんじゃないんで!」と明言を避けた春日は、帯番組をしていないのに関わらず、《2022年度上半期TV番組出演ランキングで『年間テレビ出演本数2位』》を獲得!




「1位を狙うべくスケジュールをパンパンにして貰ってるんですよ!」と息巻く春日に、「逆に面白い!帯番組やってないのに1位なった人いない!」と松本は期待を寄せ、大悟は「春日が1位の日本て平和やもんな」と皮肉とも取れる呟きで爆笑を誘った。

大悟が描く平和な日本のなか、密かにパンティを穿くことを復活させ、よりクオリティ高い仕事で出演本数1位見事達成を遂げた春日を是非見てみたいものだ!

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Julia Turner / PIXABAY 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る