チベット仏教では、高僧は如来や菩薩がこの世の衆生を教え導くために現世に降臨した化身である、とされている。彼らは全ての衆生を涅槃に導くまで、何度でも化身としてこの世に産まれてくると言われており、輪廻転生を体現する活仏であるとみなされる事もある。日本でも知られた有名な人物にはダライ・ラマやパンチェン・ラマなどがいる。

11月29日、一人の4歳の子どもがチベット仏教のニンマ派を率いる高僧のタクルン・ツェトゥルル・リンポチェの生まれ変わりである事が確認されたとしてニュースになった。

タクルン・ツェトゥルル・リンポチェは2015年に他界したチベット仏教ニンマ派の最高位の僧侶である。

今回、生まれ変わりだと認定された少年は4歳のナワン・タシ・ラプテンくん。彼はインドのヒマーチャルプラデーシュ州ラホールアンドスピティ地区に住んでおり、今はセルコン・パブリック・スクールに保育園児として通っている。




実際にチベット仏教のラマ(高僧)の生まれ変わりであるのか、見定めるには様々な方法がある。先代は自分が亡くなる前に遺言や予言を残し、弟子達がそれに基づいて転生者を捜索。見つかった候補の子どもに先代ラマの遺品を選ばせる、体に表れるラマの印を探したり、本人しか知らない質問に答えられるかなどの方法で転生者かどうかを見極めるのだという。

先日、数人の仏教僧が僧院でナワンくんを迎え入れ、いくつかの儀式を経て少年は正式に新たなタクルン・ツェトゥルル・リンポチェに就任した。とはいえ、まだナワンくんも幼いため、これから僧院で宗教教育を始めることになるという。

ある僧侶は式典後に「この瞬間を7年前から待っていました。仏教界にとって、とても縁起の良いことです」と語り、ナワンくんの祖父も「私たちだけでなく、スピティ谷や州にとっても誇らしい瞬間です。僧侶たちがこの子を探しにやってきて、この子は私たちの偉大な宗教の先生の生まれ変わりだと言ったとき、私たちは喜んでこの子を彼らに渡すことに同意しました」と孫を祝っていた。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/ParanormalityM/status/1597960021509574659

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る