隕石の中から地球上に存在しない2つの「エイリアン」鉱物が発見された

鉱物の中には地球に存在せず、宇宙空間に存在する希少な鉱物も存在している。そんな鉱物が手に入るのは非常に稀なことだが、先日科学者が大きな隕石の中から地球にはまったく存在しない、2つの鉱物を発見して話題になっている。

2つの新しい鉱物は2020年にソマリアのエル・アリに落下した隕石から発見された。この隕石は重さがなんと17トンもある巨大な宇宙岩石で、そこから切り出された2.5オンスのスライスの中から2つの新しい鉱物が発見されたのだ。




科学者たちは、この2つの鉱物を隕石の落下地点にちなみ「エラライト」と、アリゾナ州立大学惑星間構想のマネージングディレクターであるリンディ・エルキンスタントン氏にちなんで「エルキンスタントナイト」と命名した。地球由来ではない新たな鉱物の発見は、太陽系の形成についてより多くのことが明らかになる可能性があるため、非常に重要な発見とだという。

アルバータ大学のクリス・ヘルド教授は「新しい鉱物を発見するということは、実際の地質学的条件、つまり岩石の化学的性質が、これまで発見されたものとは異なっていたことを意味します。それがこの隕石をエキサイティングにしているのです」と語っている。

今も新たに発見された鉱物を研究する作業は継続中である。今後、更に新しい発見があるのかもしれない?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/UAlberta

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る