AIを活用して亡くなった後も現社長が企業のトップに

全ての人が免れることのできない、死。病気や事故など原因は様々だが、急に無くなった場合遺された人々にとって様々な問題が産まれる場合もある。

例えば大きなプロジェクトを抱えていた会社のCEOが急死した場合、その後の事業はどう進めるべきか大きな問題になることもある。

イーロン・マスク氏やアレックス・ファーガソン氏のような社会に大きな影響を与える人物が急死したら大事になるが、もし亡くなった後も重要な決定について助言を求められるようになったらどうだろうか。

現在、これらの問題に対し、技術者たちが「AIを活用して『デジタル上での不死』を実現し、上司が死後も主導権を握れるようにする」ことを計画して話題になっている。

これはマサチューセッツ工科大学(MIT)のプロジェクトで、人々がソーシャルメディアに残している膨大なデータをもとに、デジタル版の写し身を作るという「Augmented Eternity」プロジェクトだ。




MITのHossein Rahnama氏によれば人々の残したデータによって、まるで本人のように「もっともらしく振る舞える」人工知能を訓練することが可能になるという。

「例えば、経験豊富な専門家が持っている知識を再現することは可能でしょうか?有名な弁護士のアバターから、法律的な意見を聞くことができるでしょうか。多くのデータをマッピングすることができれば、それも可能だと考えています。私は現在『フォーチュン500』に選ばれている企業の非常に有名なCEOと一緒に仕事をしています。彼は80代ですが、どうしても経営陣とそのプロジェクトに遺産を残したいと思っていたのです。CEOのアバターは、人々に何をすべきかを指示するのではなく、好き嫌いや特定の視点についての意見を共有することができました。これにより、死後も適切な指示を受けることが可能になるのです」

この技術は当初、愛する人のデジタル版を作って、その人が亡くなった後もずっと側にいられるようにと作られたものである。対話するだけでなく、重要な決定や指針をAIが下せるようになる未来はすぐそこまで来ているのかもしれない?

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Peter Pieras / PIXABAY

TOCANA関連記事
CEOの死後もデジタルコピーされたAIが実権を握り続ける? MITが電子的不死を研究

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る