名前に恥じない教養を!キンプリ神宮寺勇太の“神宮寺”巡り【川越編】

11月12日、King & Prince(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太)の番組、『King & Princeる。』(日本テレビ、毎週土曜13:30〜)では「川越八幡宮」に参拝。禰宜の榊原祥光さんの案内を受ける。

早速、神宮寺が鳥居に鳩のオブジェを発見。榊原さんによると鳩は八幡さまのお使い。境内には鳩の石像が8羽あり、全部見つけると運気アップに繋がるそう。ディズニーランドの隠れミッキーの様に探してほしいと解説。

そして榊原さんが神宮寺に体験してほしいと案内してくれたのが、『ぐち聞きさま』。聖徳太子さまに悩みを聞いてもらえる場所だ。




あるメンバーにモヤモヤがあり、それを聞いてもらうと神宮寺は早速、「ライブ中、インスタライブ中にメンバーの岸優太くんがお客さんや画面に“舌をペロペロする”(舌を出す仕草)のが受け入れられないです。小さい子が見たらトラウマになるのでは?と心配です。なので岸くんに 天罰を下してください」と懇願。

これに対しスタジオの岸は「ファンの方々がウチワに‘ペロペロして’と書いてくれているし若干のニーズはある」と弁明。爆笑のスタジオ。

続いて、「星野山 喜多院」へ。僧侶 鎌田良顕さんの案内を受ける。

まず客殿へ。そこには「徳川家光公誕生の間」が!鎌田さんによると、ここは江戸城の一部。1638年の大火事で焼けてしまった際に江戸城の一部を移築してもらったそう。現在江戸城は消失しているので一部とはいえ現存しているのはここだけ。貴重な体験に感銘を受ける神宮寺。

さらに 喜多院の都市伝説の場所へ、そこは五百羅漢。538体の阿羅漢(悟りを開いた僧侶)さまがある場所だ。鎌田さん曰く「ご両親の顔にそっくりの羅漢を触るとちょっと温かい」と、そこへスタジオの平野紫耀や岸も「本当に?」と懐疑的。




さっそく神宮司もパパ宮司を探す。15分が過ぎたころ、「僕のお父さんです」と羅漢さまを発見。特別に許可を頂いて神宮司が まずは隣の羅漢さまに触れる。

「石の感じ!」と神宮司。そして、今度はパパ宮司に触れると「あ!え!?ちょっと温かい!本当に!」と驚く。

これには鎌田さんも「これはまさにお父さんですね」と言い、鎌田さんも同じ2体の羅漢様を触れるが、同じようにしか感じないそうだ。

「これが伝説なんでしょうね」語る鎌田さん。

もう一度羅漢様に触れる神宮司。やはりパパ宮司はちょっと温かいと伝説を実感する。最後に今年厄年の神宮司に護摩焚きをする。しかし、疲れと炎の温かさの為かウトウトし始める神宮司…。

現場スタッフからも眠かったのでは?聞かれると「眠くないです。ちょっと温かかっただけ」と弁明する。

この様子に爆笑のスタジオ。岸が「僕も『ぐち聞きさま』に行って、(神宮司が)仕事中寝ていました。と天罰返しをお願いしますよ」と息まいた。

(辻伊織 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る