雪山を歩くビッグフット?雪男?がユタ州にて撮影される!

雪山に出現するUMAといえば、ヒマラヤの雪男ことイエティだろう。だが、アメリカはユタ州の雪山にて雪男を彷彿とさせる獣人らしき姿が目撃、撮影されて話題になっている。

問題の動画は2019年にユタ州プロボ北東部にて撮影されたものである。

この日、目撃者のオースティン・クレイグ氏は友人たちとともに丘の斜面をとぼとぼと歩く大きなヒト科の生物らしきものを発見。幸いにも手にしていたカメラで撮影することに成功した。

当時、彼はFox Newsのインタビューで「100年に一度の発見かもしれないものを見てしまった、のんびりしてはいられない。毛皮や足跡、何らかの証拠を探しに行かなければならない」と語り、実際に友人らと雪男ないしはビッグフットがいたと思われる場所に向かう事にした。




当時放送された地元のニュースでは、クレイグ氏と彼の友人が丘に登り、謎の生物の痕跡を探す様子を同行したカメラクルーが撮影していた。

目撃地点に再びやってきたクレイグ氏は「私がサスカッチを見たのはまさにこの場所なんだ。君たちを合わせても、(その生物に)幅も高さも全然足りないよ」と証言。熊でも人でもあり得るが、他のもの---ビッグフットなどの獣人である可能性も考えられる、として結論は避けた。

この番組では、レポーターが後にユタ州自然史博物館のエリック・リカート博士に見解を聞いている。リカート博士はこの映像について「巨大な猿がいたとして、居住地域の近くを走り回る事は考えにくい」と懐疑的な見方を示しており、雪男やビッグフットが存在しない可能性が高いと暗に主張していた。

果たして、雪山に現れた生物の正体は何だったのか。気になる人はぜひ動画を見て確認してみてほしい。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 FOX 13 News Utah / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る