「オーブの写真と愛宕山(あたごやま)のキツネ」

こんにちは。keiです。

今回は京都にある愛宕山(あたごやま)に登った時の話と、前回取り上げていただいた御神木のオーブの写真についてです。

大阪府松原市の阿保(あお)神社にある御神木の写真ですが、前回は控えめな写真で分かりにくかったみたいなので、その時に撮った別の写真を添付させていただきます。

10枚ほど撮っていますが、ほとんどに写っています。ご判断をお任せします。




愛宕山の山頂にある愛宕(あたご)神社を参拝したのは2010年1月11日でした。愛宕神社はふもとの鳥居より2時間の登山をしなければ参拝できません。冬なので寒かったのですが道に雪はありませんでした。

登山コースにもなっているので、人はたくさんいました。山頂の神社で参拝し、御札をもらい私は下山を始めたのですが、石段を降りている途中で小さな稲荷神社がある事に気付きました。

私は一旦通り過ぎたのですが、なぜか気になり引き返して手を合わせました。再び石段を降りようとした時、何者かが私のリュックの上に飛び乗ってきました。

見てもいないのにすぐにキツネだとわかりました。キツネは嬉しそうにリュックの上でピョンピョンと飛び跳ねて、私と一緒に石段を降りてきました。私も嬉しくなって顔がニヤけていましたが、石段を降り切る寸前にキツネは飛び降りて帰って行きました。

参拝と登山目的で人はたくさんいましたが、その稲荷神社を参拝してる人は見かけませんでした。私が立ち寄った事が、きっと嬉しかったんだと思われます。

残念ですがその時に稲荷神社の写真は撮っていません。今思えば、あの石段がキツネの行動範囲の限界だったのかもしれません。これから愛宕神社に参拝予定のある方は、ぜひ稲荷神社に立ち寄ってあげて下さい。きっとキツネがやさしく出迎えてくれると思います。

私もなるべく早い時期に愛宕山に登りたいと思っています。まだ不思議な話はありますので、送らせていただきます。ありがとうございました。

(アトラスラジオ・リスナー投稿 keiさん 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る