西暦3000年のタイムトラベラー「米海軍が今月中に宇宙人とコンタクト」

TOCANA及びアトラスでも度々紹介しているが、近年では海外を中心に未来人やタイムトラベラーを自称する人物が出てきて、奇妙な予言の内容を含んだ動画を公開して注目を集める事が多い。

現在注目を集めているのは、「西暦3000年から来たタイムトラベラー」を自称するTikTokerだ。彼は@timetraveller3000というアカウント名で活動しており、最近ではスペースX社のイーロン・マスク氏がドナルド・トランプのTwitter禁止令を撤回するなどの様々な予言を行い、中には当たらずとも遠からずといった内容のものもあったためか、数千人のフォロワーを持つ人気を誇っている。

そんな彼が今月の11月に出した新たな予言は「今月中に米海軍が宇宙人と接触する」というものである。これだけなら他の未来人や予言者からも出てきている内容だが、彼は「遭遇するのはアメリカ海軍だ。彼らは海から姿を著したUFOと接触する」と予言しているのだ。

@timetraveller3000 #future #time #timetravel #timetraveler #real #blowthisup #fyp #fypシ #alien #ufo #usnavy #tornado ♬ Acid Rain – Lorn

リスナーからは「海からUFO?未確認の浮遊物ってこと?」という疑問が出てきているが、近年注目を集めているUFOやUAPと関連する物体にUSO、USPという物がある。これは和訳すると「未確認水中物体」「未確認水中現象」というもので、文字通り海中などに出現する謎の物体だ。人類の技術では不可能なスピードで海中を移動するそうで、そのまま海から飛びでてはるか上空へ飛び去っていったという目撃談もあるとか。

海外のUFO研究家からは、既に地球に到達しているエイリアンは人類に知られないように地中に基地を作って潜んでおり、基地へ出入りする際にも人目を避けるために海底までトンネルを掘り、そこから出入りしているのだという。アメリカ海軍が海から出てきたUFOと遭遇する、というのもこのUSOと遭遇し、ついにエイリアンと対面するという事なのかもしれない。




ちなみにこの人物は「ドナルド・トランプが1月に2024年の大統領選への立候補を表明する」といった予言もあるが、こちらは昨日の11月15日に実現している。

また他にも「来年2月にカンザス州が巨大な竜巻に襲われ、数百人が死亡する」があるが、果たして、こちらの予言は的中するのだろうか・・・願わくは当たって欲しくないものである。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Official U.S. Navy Imagery on Visualhunt

TOCANA関連記事
「米海軍が今月中に宇宙人と接触する」 西暦3000年から来たタイムトラベラーが予言

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る