超常現象研究者、廃工場で「壁を通り抜ける幽霊」の映像を記録に成功

先日、イギリス・ダービーシャー州にある古い工場にて、戸口を横切る幽霊らしき不気味な影が超常現象捜査官によってカメラに収められて話題になっている。

この動画を撮影したのはYouTubeで「Yorkshire Ghost Guy」というチャンネル名で活動しているアンディ・ポラード氏。彼は、週末にダービーシャー州マトロックにある廃工場を単独で調査していた。そこで古い戸口を通り抜ける自分の姿を撮影しようとカメラを設置していたところ、予想外のものが記録されてしまったというのだ。




動画を見てみてほしい。

枠だけになった戸口の右側にある、レンガの壁を不気味な霧のような物体がすり抜ける異常事態が確かに写り込んでいたのだ。

ポラード氏はヨークシャー周辺の調査に出かけることが多く、今回はダービーシャーのマトロックにある廃墟になった病院に思い切って出かけたところ、このような現象がカメラに捉えられて驚いたと語る。

「調査現場に一人でいると、いつも少し不安になります。この時も私は少し不安を覚えたので現場のあちこちにカメラを仕掛けていました。調査後に動画を確認してみたところ、玄関から電子(K2)光の反応をたくさん得ていることが判明しました。果たしてこの霧や謎の光の正体が何なのか、何者の霊が写り込んだのかは現状ではわかりません」

とポラード氏は語っている。

しかし、今回の動画は本当に超常現象の証拠を捉えたものと言えるのだろうか。視聴者からは白い霧が出る数秒前にポラード氏が戸口通り過ぎていたことから、単に彼が吐いた息だったのではないか、とする懐疑的な意見も出てきている。

正体が気になる人はぜひ、動画を見てみて考えてみてほしい。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Yorkshire Ghost Guy / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る