奇妙な風習、妖怪?「テンポポ様」

ある地域で行われている習慣である。

「テンポポ様」は気に入った子供がいると声をかけるという。投稿者は母親の声で名前を呼びかけられた。「テンポポ様」は白装束で身を固め、子供の姿をしている。

数年に一回、11歳から12歳までの男の子を集めて、入らずの山で儀式が行われる。白い服を着せられた男の子たちは山の中の小さな御堂に閉じ込められる。

この時に一言も喋ってはいけないと言う。そこで太鼓が鳴ると、その音に合わせて1人ずつ山を降りる。この時に決して後ろを振り返ったいけないと言う。

投稿者がこの儀式に参加したときに、太鼓の音に合わせて山を降りていると、後から話しかけられた。

それが「テンボボ様」であった。

(山口敏太郎 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る