韓国・済州島上空に不気味な光の柱が出現!北朝鮮との関係は!?

韓国の済州島にて夜空に不気味な光の柱がいくつも出現し滞留する事件が発生、住民たちが恐怖に震えるという事件が発生したようだ

この事件は10月末に同国の済州島にある済州市で起こった。地面からまっすぐ伸びる奇妙な青白い光の柱を目撃した人々は、SNS上に写真や動画を投稿。ある目撃者によれば「1時間以上」そこに留まっていたという。

この「光の柱」はネット上で様々な憶測を呼び、エイリアンや北朝鮮等の新兵器や軍事技術ではないかという噂が飛び交った。

実はこの光の柱に酷似した現象は、先日、ロシアでも報告されている。ロシアはこの光の柱について「ウクライナが開発した人工衛星を妨害する兵器」である可能性が噂された。




奇しくもこの光が目撃されたのは北朝鮮がミサイルを発射し韓国国内で空襲警報が出るより前であった。やはり、何らかの軍事行動と関係があるのだろうか?

実際、ネット上では上記のような説も唱えられたようだが、専門家によれば単なる気象現象の可能性が高いとのことである。大気中の氷の結晶が地上からの光を反射して、上空に細長いビーム上の光が現れるという「光柱現象」であるという。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 The Hidden Underbelly 2.0 / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る