まぬけ空き巣グループ、キャンディーの包み紙捨てながら逃走⇒逮捕!

アメリカで、泥棒が点々と「落とし物」をしながら逃走したため、追跡した警察に逮捕されるという漫画のような事件が起きた。

ジョージア州の警察によると、この事件は10月初めにニューナン市の一般市民から「何者かが自宅に侵入した」と通報があったことから始まったという。

盗まれたものは、衣類、銃4丁、チェーンソー、そしてミルキーウェイのキャンディーバー1袋。

現場に到着した警察が周囲を捜索したところ、その家の近くにあった森林地帯の地面にお菓子の包み紙が落ちている事に気がついた。拾い上げてみると、なんと盗まれたキャンディーバーを包んでいた銀紙だったのである。もしかして、と思って周囲を見渡すと、少し離れた場所にもう一つの銀紙が。




「一つ、また一つと別の包み紙が見つかりました。そのゴミの跡は犯人が歩いた場所を示していたのです」と警察は語る。

点々と落ちていた包み紙は最終的に移動式公園へ続いていた。そこで当局は容疑者の少年と8人の男達を逮捕。

その後の警察の捜査により犯人らは森を行き来して犯行を重ねていたことが判明、複数の強盗事件に関わっていた容疑がかけられている。

実行犯の中に食い意地のはった人物がいたことで、強盗団も壊滅になったようだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Pest15 on Visualhunt.com

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る