本物?偽物?8年前に撮影、未だに議論を呼ぶ獣人『スカンクエイプ』

ビッグフットを筆頭に、北米大陸には謎の獣人型UMAの目撃証言が数多く存在している。中にはある地域でしか目撃されていないUMAもおり、フロリダ州に棲息しているというスカンクエイプもその一つだ。

スカンクエイプはフロリダ州エバーグレーズ国立公園周辺に生息すると言われており、身長は2メートル程度、全身が黒に近い赤褐色の長い体毛で覆われている。だが、一番の特徴が全身にまとっている刺激臭だ。




スカンクエイプの『異臭』は『腐った卵』『カビの生えたチーズ』『ヤギの糞』を混ぜたような匂いとされており、近くにいると目も開けられないほどの刺激臭なのだとか。目撃証言自体は19世紀からあったようだが、2000年に至近距離から写真が撮影されたため大きな話題になった。

そんなスカンクエイプらしき生物の姿を捉えた動画の一つが、2013年10月28日にミシシッピ州でハンターが撮影したものだ。撮影者のジョシュ・ハイクリフ氏によれば、午後9時にミシシッピ州トゥニカの西約16kmの地域で黒い毛皮に覆われた大きな二足歩行する生物を目撃。動画にはこの獣人がしゃがんで木の切り株を掘り出す姿が確かに捉えられていた。

ハイクリフ氏は当時の様子について次のように語っている。

「45メートルほど離れたところにあったイトスギの大きな切り株に、巨大な黒いものがうずくまっている様子が見えたんだ。最初は豚かと思ったんだが、大きな肩と手、頭が見えた。その生物は大きな切り株を掘り出しているように見えた。生物の大きさは約2メートル、私はハンターだからあの生物が熊じゃないとすぐに解った。iPhoneを取り出してビデオ撮影を始めたんだけれども、動揺して録画ボタンを2回押したりもしたよ。短い間だったが、私にはとても長い時間だった。ふと、物音に反応してその生物が立ち上がるのが見えたので、私はすぐにその場から逃げ出した。走るのが第一の本能で、撃つなんて考えもしなかった」

8年経った現在でも、このビデオは本物であると断言する人がいる一方で、動画がでっち上げや何かの誤認に過ぎないとする人もいる。果たして、動画に映った生物の正体は何なのか。気になる人はぜひ動画を見て考えてみてほしい。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

TOCANA関連記事
未確認生物「スカンク・エイプ」の映像は本物か? “カビの生えたチーズ臭”がする激臭UMA

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る