科学者から宇宙飛行士まで!NASAがUFO目撃事例を研究するチーム発足

NASAが150以上の歴史的なUFO目撃談を分析するための調査チームに2人の元宇宙飛行士を参加させ、注目を集めている。

この調査は膨大な数のUFOの未分類データを16人のチームメンバーとAIで解析し、様々な謎めいた目撃証言の原理を解明する事を狙うもの。調査は24日月曜日から9ヶ月間行い、2023年半ばに結果を発表する予定とのこと。なお、この調査は過去20年間に軍が目撃したUFOの144種類のビデオを公開した、50年ぶりの米国議会公聴会に続くものである。

この研究を指揮するNASA関係者のダニエル・エヴァンス氏は「この度NASAは世界有数の科学者、データとAI、航空宇宙安全の専門家たちを、科学とデータの全力をUAP(未確認空中現象)に適用する方法を追求する任務のために集めました。この調査結果は、NASAの透明性、開放性、科学的誠実性の原則と合わせて一般に公開されます」と述べている。




これまでNASAは、UFO=宇宙人が存在する証拠とする説を否定し続けてきた。しかしこれは安直にUFO=宇宙人と結びつける事を避けるというもので、例えばUFOの正体が実は飛ばされた風船やビニール袋のような物体であるかもしれないし、何らかの自然現象の結果によるものかもしれないと語っていた。

多くの人々が目撃するUFOの正体をより速く突き止めるためにはどうすればいいのか。どのような科学的アプローチを行うと良いのか。そういった点を検証し、分析していくのが今回の研究チームの目的になる。

ワシントンのNASA本部の科学担当副長官であるトーマス・ズルブチェン氏は「NASAは、科学的発見のツールが強力であり、ここでも適用されると信じています。私たちは、宇宙から地球を幅広く観察することができます。そして、それは科学的探究の活力源です」と語っている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Willy D on Visualhunt.com

TOCANA関連記事
NASAが150以上のUFO目撃例を調査へ! 2023年に結果発表、宇宙人の存在証明なるか?

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る