科学者が「ゴキブリ絶対殺すAI」を搭載した虫取り機を開発

世界中で最も忌み嫌われている害虫がゴキブリだろう。読者の皆さんの中でもゴキブリだけは駄目という人も多いのではないだろうか。だがこの度、海外の研究者らが「ゴキブリを殺すことだけを任務とするAI搭載レーザー砲塔」を作成して注目を集めている。

この「ゴキブリ絶対殺すマシン」を開発したのはスコットランドのヘリオットワット大学の科学者たち。この機械は強力なコンピューターと機械学習を用いて、様々な虫からゴキブリだけを確実に見つけ出し、自動的に退治するという。

開発した研究主任のIldar Rakhmatulin氏によれば、アルゴリズムを学習する小型コンピュータであるJetson Nanoを用いることでより高い精度でディープラーニング技術を使用し、物体を検出することを可能にしたという。

この機械はコンピューターが2つのカメラを使ってゴキブリの位置を見つけ、その情報を電流を測定する別の機械に送り、レーザーを動かしてターゲットを捉える。このレーザーの出力が低い場合はゴキブリの侵入を防ぐことができるそうで、もしこの機能が発展すれば将来的にはゴキブリのいない空間を確保できる可能性があるという。もちろんレーザーの出力が高ければ、当然ながらゴキブリは死んでしまうとのことだ。




驚くべきことに、この機械は多くの害虫駆除装置よりも携帯性に優れているにもかかわらず、1台250ドル(約36000円)程度と非常に手頃な価格になっている。更にRakhmatulin氏はこの機械のすべてのデータと説明書を無料で公開しており、「適切な予防措置」さえとれば、誰でも自分で試すことができると語る。

実際、リリース以来スズメバチなどの害虫でも試す人が出てきているそう。しかし研究チームは、現状では「少し危険なので、独自で試すのはあまりお勧めできません。レーザーはゴキブリだけでなく、あなたの目にもダメージを与えます」と忠告している。

いずれにせよ、今回の技術は非常に画期的な物である事は間違いないため、将来的には害虫駆除をより効率的に行う事が出来るだろうと考えられている。

Cockroach detect and control by laser. YoloV4 – tiny Keras. Jetson nano

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Ildar Rakhmatulin / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る