空に浮かぶ観音様を目撃した男性と見えなかった男性が大げんか!?

シンガポールである男性が「上空に観音菩薩が現れる」様子を目撃したというが、側にいた「観音菩薩を目撃できなかった」人物と口論になり、最終的に殴り合いの喧嘩になるという珍事件が発生。

この奇妙な事件は、フィリップ・オング・グオ・シオンという男性と彼の妻が、空に何か異常なものがあることに気づいたときに起こったという。二人の目には、上空に観音菩薩らしき神々しい姿が空に浮かんでいるように見えたため、二人は空にカメラを向けて写真を撮影することにした。

だが、そこを通りかかった宅配便の運転手は不思議そうな顔をして「いったい何を撮影しているのか」と二人に声をかけてきた。それもそのはず、運転手の男性は空に何の姿も見つけることができなかったのである。




運転手の男性もグオ・シオンさんら同様に空を撮影してみたが、写真には観音菩薩の姿は写っていなかった。そこで彼はグオ・シオンさんを詐欺師と決めつけ、二人の写真を撮り始めたのである。グオ・シオンさんは当然彼のこの行動を快く思うはずがなく、2人はにらみ合いになった。そして運転手の男性がグオ・シオンさんを突き飛ばし、近くのベンチに転倒させたのである。

果たして、彼らが本当に空に何を見たのかは解らない。とはいえ、一番肝心な観音様による慈悲と慈愛のメッセージはこの二人の男性には届かなかったようだ。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 泉サツキ / photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る