やはり“ネッシー=大ウナギ”か?新たなウェブカメラに鮮明な姿が!

UMAのネッシーが棲息していることでよく知られているネス湖のネッシー。昔から多くの人が調査を行っており、正体は大ウナギやチョウザメ等の大型魚類の可能性が高いという説が出て来ている現在でも、未だにネッシーを発見し、その謎を解き明かそうとする人は多い。

近年では湖の周辺に24時間稼働するウェブカメラが設置されている事もあり、地球の裏側からもネッシーらしき謎の生物の影を見つける事が出来るようになっている。実際、2019年末より始まったの新型コロナのパンデミックを受け、家に籠るようになった人達がウェブカメラ経由でネッシーを探し始めた結果、2020年には目撃証言がかえって増えたという事もあった。

今月頭、ネス湖畔にさらに5台ウェブカメラが追加で設置される事が決定して話題になった。このウェブカメラはVisit Inverness Loch Nessという団体によるもので、ネス湖への観光客をさらに増やすことを目的としてネス湖を囲む5つのホテルに設置されたものだった。

そして先日、この新たなウェブカメラにて「水面を泳ぐ巨大な生物」の姿が確認され、新たなネッシー目撃事例ではないかとして話題になっている。




今回、ウェブカメラ経由でネッシーらしき生物を確認したのは地元で有名なネッシーハンターのEoin O’Fagan氏。彼が記録した2本の動画には、確かに水面下に黒く長い体をくねらせて泳ぐ、巨大ウナギを思わせる生物らしき姿がはっきりと捉えられている。

1本目は9月6日の20時13分頃に撮影されたもので、4分間に渡って長く暗い色の物体が記録されている。なお、同じ時間帯にネス湖の他の箇所には異常が見られなかったという。

2本目は9月15日午後7時35分にShoreland Lodgesのウェブカメラで撮影されたもの。動画では、奇妙な物体が左側の岸辺に現れた後、画面の右側へ移動してカメラの範囲外に出て行く様子が捉えられていた。こちらの動画にはよりはっきりと生物の姿が捉えられており、O’Fagan氏は生物の大きさを「体長1.8~2.4メートルほど」と目測している。生物は黒く、ウナギのように体をくねらせて画面の右側へと移動していく様子が映っていた。O’Fagan氏は、これらの動画からニール・ジェンメル教授が最初に発表した「ネッシー=巨大ウナギ説」の信憑性が高まった、とデイリー・レコード紙に答えている。

この目撃証言がネス湖の公式目撃記録に認定されるかはまだ不明だが、新たなウェブカメラの画像はかなり鮮明なだけあり、ネッシーの有力な証拠になりうるのではないかと考えられているようだ。

Screen Recording 2022 09 06 at 20 13 42 Clansman Webcam VILN Loch Ness at 20.13pm

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Eoin Fagan / YouTube

TOCANA関連記事
「ネッシー=巨大うなぎ説」の信ぴょう性高まる? 最新の鮮明映像に唖然

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る